ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
MS251_imayaraduituyaru500


「漢検2級に合格するために、
 勉強時間はどのくらい必要ですか?」

「どういった勉強スケジュールで
 漢検2級対策をすればよいでしょうか?」



漢検に合格したい、という人はまずこういった悩みが出てくるかもしれません。



答えは簡単です。


そんなの

「現時点での漢検2級の過去問の成績と
 これから漢検勉強に使える1日辺りの時間次第」


としか言い様がない(笑) 



そもそも、

「1日何時間ほど勉強時間を用意したら漢検2級に受かるか?」

なんて考えている時点で、アウト


明らかにこの時点で他者依存してしまっていて、
言い換えれば、「落ちた時の言い訳づくりをすでにしている」感じ。

「だって、あの人が1日●時間勉強すれば漢検2級に受かると言っていたから…」

と、試験に落ちたあとに言い訳している姿が目に浮かびます。






じゃあどうやって漢検2級に合格するまでの
勉強時間やスケジュールを考えればいいか?


(やっと本題)


 
答えは簡単で、

「合格したいと思う日-10日間に、漢検に受けることを決めて、先に申し込む」

という手を取ればOK。



例えば、私の場合は4月中旬までに漢検2級に合格したいので、
そこから10日間(受験から結果が出るまでの期間)を引いて、
受験日を4月1日と設定しました。


そして、ここからが大事なことですが、

問題集を買う前に、
先に漢検2級の受験を申しこめばいい。




そうしたら、もう、受験するしかないわけですよ。

先に3,500円の受験料を払っちゃっているわけなので、
もう、あとには引けない状態を無理やり作るんです。



「なんとなく漢検2級は欲しいけど、まだ勉強不足だから、
 もう少し過去問がとけるようになったら受験しようと思っている」

こんなこと考えていては、いつまでたっても漢検2級を取ることなんて出来ません。


順序が逆なんです。


「漢検2級の過去問がとけるようになったら→受験する」ではなく、
「●月●日に受験する→そこに間に合うように漢検2級対策の勉強をする」


これが正解。



そうすると、

「1日●時間の勉強時間を使えば…」とか
「どういったスケジュールで勉強すれば…」とか考えている時点で、
ばかげていることが分かるでしょ?


先に漢検2級受験に申し込んでしまえば、
受験料の3,500円をドブに捨てるわけにもいかないから、
受かるために受験日までに間に合うように勉強しますよね?


勉強時間とか勉強スケジュールを考える前に、
まずは漢検2級に合格したい日から逆算して受験日を決めて、
問題集を買うより前に、先に受験申込をしてしまう。


これが大切です。