ブログネタ
資格取得で能力UP! に参加中!
PAK86_meganewo1039500


前回「漢検2級に合格するための問題集の選び方」という記事で、
最短で漢検に合格する問題集の2つの条件をお教えしました。

それが、
  • 【条件01】 問題ページに解答も載っているもの
  • 【条件02】 四字熟語やその他漢字、熟語の意味が載っているもの
この2つの条件ですね。

では今日は具体的に、
どこの出版社から出ている問題集
漢検2級に最短で合格することが出来るのか?


お教えしたいと思います。 


実は今日。

  • 【条件01】 問題ページに解答も載っているもの
  • 【条件02】 四字熟語やその他漢字、熟語の意味が載っているもの
この、漢検2級に最短で合格するための2つの条件に当てはまる問題集を、
大手書店をいくつも渡り歩き、一冊ずつ探してきました。

本の中身を見ないと分からないことなのでAmazonでは探すことが出来ず、
かなりアナログな手段で探してきました。(IT畑の人間なのに)





その結果、たった1冊だけ。

そう、たった1冊だけ
今回の2つの条件に当てはまる漢検2級対策の問題集を見つけることが出来ました。




それが、こちらです。

漢検 ポケットでる順 2級 (旺文社漢検書)
漢検 ポケットでる順 2級




この本が唯一、
  • 【条件01】 問題ページに解答も載っているもの
  • 【条件02】 四字熟語やその他漢字、熟語の意味が載っているもの
 この2つの条件をクリアすることが出来ました。



これ以外の本は
「【条件01】 問題ページに解答も載っているもの」だけはクリアしていたり、
「【条件02】 四字熟語やその他漢字、熟語の意味が載っているもの」のうち、
四字熟語は解説文が付いているけどそれ以外の漢字や熟語には解説が付いていなかったり。


漢検2級に合格するための問題集の選び方」でもお伝えしましたが、
問題ページに直接解答が書いてあることで効率的に勉強ができ、

かつすべての四字熟語や漢字、熟語の意味も問題集に書かれていることで、
改めて辞書やスマホで意味を調べる手間もなくなるという、

まさに「漢検2級対策のための理想的な勉強本」が見つかりました。



名前に「ポケット」と付いているからといってあなどるなかれ。

過去10年分の漢字検定の出題を独自に分析して、
繰り返し出題された頻度の高い問題をまとめてくれたのがこの本です。
(別に出版社の回し者じゃないよ)

四字熟語はもちろん、
「読み」問題や「対義語/類義語」問題など、すべての問題の解答に対して、
熟語や漢字の意味などの解説文が付いています。


だから辞書をいちいち引く必要もなく
この1冊だけで漢検2級対策が出来てしまうというすぐれもの。



ただ、1つだけネックがあって、
過去問形式の模擬試験は1回分しか掲載されていません。


そのため、 「漢検 ポケットでる順 2級」でまずは勉強をして、
受験直前は別途漢検2級の過去問集を買って試験形式に慣れる、
という勉強法がオススメです。


ただ、とりあえずは 「漢検 ポケットでる順 2級」これ1冊で十分です。
まずはこの1冊をがむしゃらに取り組んでみてください。






まとめます。

漢検2級に最短で合格するための問題集の2つの条件
  • 【条件01】 問題ページに解答も載っているもの
  • 【条件02】 四字熟語やその他漢字、熟語の意味が載っているもの
に当てはまる、唯一の問題集がこちらです。


漢検 ポケットでる順 2級 (旺文社漢検書)
漢検 ポケットでる順 2級






追伸:

今日本屋にいってみてわかったのですが、
呆れるほど2つの条件に当てはまる問題集がありませんでした。

出版社さん、どうか無駄に余白の多い漢検対策本を出すくらいなら、
余白にすべての問題の解答の解説文を入れた本を出してください。


コンセプト(USP)は「辞書いらずの漢検対策本」。

このUSPは強烈で、特に漢検の勉強をしたいという人にとってかなり魅力的なので、
ぜひご検討くださいm(_ _)m

(出版されましたらぜひお知らせください。ご紹介させていただきます)